美しき不思議なニッポン~ニュース逆さ読みブログ~

なんだかおかしな世の中になったもんで… 海外から見た日本の不思議なところにつっこみを入れてみましょう。逆に海外の変なトコも小さな声でご紹介しやすw

悲報!首里城全焼!戦時中を思わせる大悲劇|震える那覇の友人の話|出火原因は

首里城消失

 

 

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

 

 2019年10月31日

昨夜未明、午前2時40分ごろ

首里城を警備している警備会社から、消防に通報があり

消防車15~20台が出動しても迅速な鎮火には至らなかった。

 

沖縄の人々にとって、これほどのショックを与えた事件は久しぶりだろうと思う。

それほど、首里城沖縄県民の心の中に深く根付いていた。

 

もう、言葉も出ない。

僕はこのブログアイコンはずっと城を使ってきた。

城や文化遺産が大好きなのだ。

 

 

那覇市に住んでいる友人の話では

僕は今朝は5時に起きたが、ニュース速報を聞いて心配になり、那覇市の友人に電話をかけて、たたき起こした。

いや、正確に言うと彼はすでに起きていてショック状態だった。

早朝(深夜3時ころ)からずっと起きていた。

電話口からも声が震えているのが分かる

那覇市内は深夜からサイレンが鳴り響いて、自宅は首里城からは離れているが、遠くから見ても炎上する城が見えた』という。

彼自身も責任ある立場にあるが、今日は沖縄県民は誰も仕事が手に着かないのではないか』とも話していた。

また、首里城は1945年に戦争中にアメリカの空襲で焼失して復元されたものだが、その当時の攻撃で廃墟となった首里城の写真を、ふと思い浮かべたという。

 

首里城の焼失は日本全体の損失

 

いや、悲しんでいるのは沖縄の人々だけではない。

国宝であり、日本で11番目の世界遺産でもある首里城の焼失は、

間違いなく私たち日本人全体の悲劇でもある。

修学旅行や新婚旅行など、一生の思い出に残る旅に首里城を訪れた人は本土にも多いことだろう。 

本州の城のようにそびえ立つ天守閣はなくとも、中国の文化の影響を受けて独自の発展を遂げてきた琉球の歴史を反映するように朱色に輝く壮麗な首里城は、間違いなく日本の宝だ。

消失する前の首里城の姿、火災の原因はなにか。

消失する前の首里城

ウィキペディアでは首里城について、このように説明されている。

 

首里城(しゅりじょう、スイグスク)は、沖縄県那覇市首里金城町にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあったグスク(御城)の城趾である。現在は国営沖縄記念公園首里城地区(通称・首里城公園)として都市公園となっており、一般財団法人沖縄美ら島財団が管理を行っている。

琉球王朝の王城で、沖縄県内最大規模の城であった。戦前は正殿などが旧国宝に指定されていたが[1]1945年(昭和20年)の沖縄戦と戦後の琉球大学建設により完全に破壊され、わずかに城壁や建物の基礎などの一部が残っている。1980年代前半の琉球大学西原町への移転にともない、本格的な復元は1980年代末から行われ、1992年(平成4年)に、正殿などが旧来の遺構を埋め戻す形で復元された。1993年(平成5年)に放送されたNHK大河ドラマ琉球の風」の舞台になった。1999年(平成11年)には都市景観100選を受賞。その後2000年(平成12年)12月、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されたが、登録は「首里城跡(しゅりじょうあと)」であり、復元された建物や城壁は世界遺産ではない。

 Wikipedia首里城〉より抜粋

 

 

首里城は何度も消失しては立ち直ってきた

 

記録によると首里城1453年琉球内部の跡目争いで消失した。

権力を得ようと争う、琉球の人々の手によって破壊されたのである。

また1660年1709年にも火災で焼失している。

最後に焼失したのはアメリカとの戦争中であり1945年、徹底的に破壊された。

その際には逃げられなかった約5000名の兵士たちの悲しい歴史が残っている。

それで首里城が焼失したのは今回で5回目ということになる。

そのたびに、首里城は力強く再建されてきた。

琉球・沖縄には、もはやなくてはならない不可欠な存在なのだ。

きっと首里城は、今回の火災からも立ち直ってくれることだろう。

 

首里城出火の原因は

 

憶測が飛び交っている

イベントが行われていたことと関係があるのか。

警察に不審者を目撃しなかったかどうか、聞かれたとの情報もあり不審火の可能性も視野に入れた捜査がされているのだろうか。

いずれにしても、首里城は戦後に再建された城としては比較的新しい建造物であり、防火装置や警報システムがきちんと作動していなかったかについては疑問が残る。

また、119通報した警備会社が管理していたとのことだが、管理体制はどうなっていたのか。

出火の原因に加え、火災初期の段階で鎮火できずに全焼に至った経緯について原因究明を待つばかりだ。

 

沖縄の人々の気持ちを考えると、ただ胸が痛くて仕方がない。

 

ポリフェノール

 

こんな記事も書いています。

ぜひご覧ください⇩⇩⇩

 

chef1.hatenablog.jp

chef1.hatenablog.jp

chef1.hatenablog.jp

chef1.hatenablog.jp

chef1.hatenablog.jp

 

 

沖縄世界遺産写真集シリーズ07 世界遺産 首里城跡

沖縄世界遺産写真集シリーズ07 世界遺産 首里城跡

 
まんが首里城ものがたり 下―琉球王朝 歴史漫画

まんが首里城ものがたり 下―琉球王朝 歴史漫画

 
まんが首里城ものがたり 上―琉球王朝 歴史漫画

まんが首里城ものがたり 上―琉球王朝 歴史漫画

 
首里城を救った男―阪谷良之進・柳田菊造の軌跡

首里城を救った男―阪谷良之進・柳田菊造の軌跡

 
琉球王国の歴史―大貿易時代から首里城明け渡しまで

琉球王国の歴史―大貿易時代から首里城明け渡しまで